アスミールはいつ飲めば良いの?

アスミールは子供の成長におすすめのドリンク・子供の栄養バランスを考えたドリンク第一位ということで楽天ランキングや成長期飲料ランキングでも1位を獲得した2冠の実績となっていますが、公式サイトでも口コミサイトでもいつ飲めば良いのか?ということについて触れていません。

アスミールはいったいいつ飲めば一番効果的なのか?

アスミールは今日飲んだから明日には身長が伸びました。1ヶ月や2ヶ月で劇的に効果が現れましたという商品ではありません。しかし、飲むタイミングを間違うとあまり効率的とは言えませんのでお伝えします。

アスミールを飲むのであれば、朝食・おやつの時間・夕食時のいずれかにした方が良いです。効率良く摂取するのであれば食事と共に摂取することをおすすめします。

理由は、食事をする際に胃腸の動きが活発化します。規則正しい時間に摂取することにより体は栄養素を迎えに行くことを覚えています。出来れば夕食時に摂取することをおすすめします。

夕食後はたっぷりと睡眠時間を与えて下さい。こんな話を聞いたことありませんか?お相撲さんは、朝稽古が終わった後に大量の食事を摂取します。お子さんにこんな生活はおすすめ出来ませんが、お相撲さんは体を大きくするために理にかなった努力をしているのです。

朝起きた時人間は一番体力を蓄えています。つまりフレッシュな状態なのです!そして、トレーニングや運動をすると毛細血管が破壊されて疲労物質である乳酸を体に蓄積させます。毛細血管の修復や乳酸の鎮静化には栄養が大切となります。

しかし、栄養だけでは体は回復しません。お相撲さんはその後に睡眠を摂ります。お相撲さんの強靭な肉体は、稽古→食事→睡眠を効率よく繰り返すことで成長ホルモンを活性化させています。特別な人だけが大きくなる訳ではありません。

あの大横綱の白鵬はモンゴルから15歳で日本に来たときは身長175cm体重68キロと相撲取りとしては決して恵まれた体格ではありませんでした。しかし、成長ホルモンを活性化されるお相撲さんの生活と本人の卓越した努力により今では身長192cm体重155キロとなりました。

事例としては飛躍し過ぎましたが、夕食時に摂取することにより睡眠時の成長ホルモンを活性化されることで効率よく成長を促進してくれることはこの事例からもよく理解できます。



アスミールで身長を伸ばせるのか?

これ一番気になるところです。アスミールを飲んで本当に身長を伸ばすことが出来るのか?口コミや体験談などでは、伸びたという声や体が丈夫になるましたという声がありますが、あなたのお子さんが本当に身長を伸ばせるのか?それとも全く意味が無い事なのか?しっかりとジャッジしていきましょう。

アスミールは、栄養機能食品・国内製造原料使用・合成保存料・着色料・甘味料不使用で厚生労働省の食事摂取基準のほとんどを満たす栄養バランスです。

1日1杯で厚生労働省の食事摂取基準の80%を満たすというのは画期的なバランスであります。

アスミールの特徴は成分にあります。

アスミールは、亜鉛・アルギニン・プラセンタを配合しています。

亜鉛は強い体づくりをサポートします。主に免疫力を高めて風邪をひくと摂取により早く治す効果もあります。若年者では味覚や嗅覚障害の予防や改善にも期待できます。

アルギニンは子供では体内で生成するのは難しく食品で摂取しなければ足りないと言われています。骨の強化をサポートし成長ホルモンの分泌や疲労回復効果の期待できる必須アミノ酸です。

プラセンタはホルモンバランスや自律神経を整え筋力アップをサポートします。活性酸素を除去したり免疫力を高めたりすることでも知られています。

これだけ成分が整ったアスミールがあなたのお子さんの身長を伸ばせるか?という明確な回答は出来かねます。というのも子供の身長を伸ばすにはいくつかの要素があります。

栄養・睡眠・運動この3つは大切だとご存じだと思いますが、何より成長期の見極めが最も重要だからです。

成長期の見極めとは?

その子の成長期の見極め時期に良質な栄養と良質な睡眠と適度な運動により成長ホルモンを活性化させることで身長は飛躍的に伸びることは間違いありません。

アスミールは成長ホルモンを活性化させる成分がバランスよく配合されていますので、成長期の見極め時期に与えることで素晴らしい成果を発揮します。



アスミールは何歳から飲んでも良いの?

アスミールを与えてみようとお考えの親御さんであれば「いったいいつ頃から与えれば良いのか」気になるところだと思います。乳幼児から与えて良いものなのか?それとも小学校に入ってから与えた方が効果的なのか?副作用やアレルギーの心配は無いのか?など詳しく調べましたので参考にして下さい。

離乳食を卒業するまでは与えないで下さい。

乳呑児から少しづつ離乳食を与え食べる量などは個人差があります。1歳・2歳となり段々と大人と同等の食品が食べられるようになってきますが、乳製品では乳幼児用のヨーグルトや乳幼児用の乳製品を与えることが望ましいです。

乳幼児は歯の生え具合もまちまちですし、その子がアレルギーを持っているのか?それとも持っていないのか?まだ、判断が難しい段階です。親御さんであればやはり子供が健康で健全に成長することを願っていますので3歳まではアスミールを与えることはおすすめしません。

アスミールを与え始めるのは5歳からがおすすめです。

味覚の形成・アレルギー・食物の好嫌いと理由はいくつかありますが、味覚の形成が大切な時期だからです。アスミールが味覚の形成の邪魔をしているという訳ではありませんが、アスミールはあくまでも栄養補助食品ですので、バランスの良い食事を親御さんが心がけたとしても管理栄養士さんのように隙の無いバランスを整えた食事を用意するのは非常に難しいです。

アスミールを与え始める時期は、お子さんが勝手におやつを食べたり好んだものしか手を付けないという時期が望ましいです。この時期は一番偏食を助長させてしまう時期だからです。おやつばかり食べている子供だと折角作った食事もおやつの満腹感で満足に食事を摂らないことがありますよね。そんな時期にアスミールを与えてバランスを整えましょう。

幼児期は味覚の形成が非常に大切です。食べ物のおいしさを評価する機能は生まれつき持っているものではなく親御さんから与えられた食事によって形成されます。胎児のころからお母さんを通じて形成されるとも研究されています。

子供のころは舌の感覚器官である味蕾(みらい)という細胞の数が多く、舌全体にあります。 大人に比べて子供の味覚は敏感です。一説では大人よりも子供の方が有害物質を体に取り込まないようにするために敏感であるとも言われています。

2歳ころに食べた物は大人になってからも好きになるとか12歳までに食べたものは大人になってからも食べ続けるという説もあるように味覚形成時には出来るだけ多くの品目をバランス良く子供に与えてあげることが必要です。当然ですが、刺激物(辛いもの・極端に酸っぱいもの)は与えてはダメですよ。

まずは味覚の下地作りをすることにより食べ物の好き嫌いを出来るだけ少なくすることは成長期に入ると如実に成果を表してくれます。なので、アスミールを与えるとすれば5歳からをおすすめします。

5歳までは親御さんが一生懸命子供にとって何が必要なのか?豊富な食材をバランス良く組み合わせながら多くの品目を与えてあげて下さい。


アスミールの口コミ/実際に飲んだ方の感想

アスミールを実際に飲んだ方々の感想を調べてみると、「半年間飲み続けた結果体が大きくなりました」という声や、「牛乳嫌いの娘が美味しいと言って飲んでくれます」と牛乳嫌いを克服したという声や「好き嫌い多い息子ですがアスミールなら飲んでくれます」というように食べ物の好き嫌いの多いお子さんに喜ばれたり、体が丈夫になったり栄養が足りているか心配されている親御さんに喜ばれているという感想が多くありました。

他にも「アスミールなら毎日続けることが出来ます」という声や「ママ友からすすめられて」という声もあり、継続したお子さんに効果があるという感想がありましたのでご紹介します。

アスミールを実際に飲んだ方の感想

「牛乳が苦手なお子さんの親御さんからの感想」

牛乳が苦手な娘ですが、アスミールなら美味しく飲んでくれます。小学校のクラスでは身長が小さい方ですがこれからアスミールや栄養バランスを考えた食事を与え元気に健やかに成長してくれることを願っています。

「好き嫌いが多いお子さんの親御さんからの感想」

好き嫌いの多い息子の健康を考え飲ませています。ココア味を気に入ってくれて、「甘くて美味しい」と毎日飲み続けています。野球にのめり込んでいますので体作りの手助けになることを祈っています。

「アスリートを目指しているお子さんの親御さんからの感想」

毎日の食事でそれぞれの栄養が足りているのか心配でした。アスミールはとても簡単にバランスよく栄養が補給できて助かります。子供は一流のアスリートを目指しているので続けていきます。

(以上、アスミール公式サイト口コミ情報サイトより抜粋)



 

OCO注文