良い睡眠をすれば3時間でも良いなんてウソです!

ナポレオンは3時間睡眠で執務や勉強をしていたなんて言いますが、子供の睡眠時間が3時間で良いなんて言ったら拷問ですよ!しかもDVですね。

稀に親がほったらかしで、子供の睡眠時間がわからないという親がいて、その子がゲームばかりしていて、睡眠時間が短くても学校で授業中ヨダレを垂らしながら爆睡しています。

別に決めつけている訳ではありませんが、親が関心を示さない子供が夜更かしして、ゲームばかりしていることに対して注意されることもありませんし、子供の理性は低いまま成長する訳ですから授業中だって寝るのも起きるのも自分の勝手でしょ!と思ってしまいます。

だって、もしそんな子供が夜はゲームキチガイなのに授業中の勉強はキッチリこなしているとしたら神ですよね。その原動力はどこから?モチベーションは?となりますよね普通。

睡眠時に分泌される成長ホルモンは子供の成長に欠かせないだけでなく大人にも大切な物質です。古くなった細胞を新しく作り替えることで健康なカラダを維持しています。

成長ホルモンは睡眠を始めて3時間で大量に分泌され、それ以降の時間帯には出なくなりという特徴を持っています。眠り始めはノンレム睡眠を行う時間帯というだけでなく、成長ホルモンにとっても重要な時間帯です。

眠り始めにいかに快適な睡眠をとれるかということが成長ホルモン分泌のカギとなります。なので、3時間睡眠で大丈夫じゃなくて睡眠を開始してから3時間の睡眠が大事だということです。

夜更かしはダメですね。身長が伸びないよ・・・

身長が伸びるか?伸びないか?を左右するには睡眠時間が大切です。実際伸びている子の平均睡眠時間は8時間を超えています。そして、夜の11時から2時までの成長ホルモンの出るゴールデンタイムにはキチンと就寝しています。

何故睡眠時間が大切かと言えば、日中活動して痛めた細胞を修復するには栄養と睡眠だからです。栄養だけでも駄目ですし、睡眠だけでも駄目ですが、やはり成長期には睡眠時間を削って欲しくはありません。

子供の体は車で例えるならば、最初はK自動車・次に普通車・次に高級車・次に外車というように成長段階によって排気量が変わってきます。排気量が変わるということは、それだけガソリンが必要となってきます。

日中の活動により車であれば休ます必要は無いかもしれませんが、生身の人間は休息により体力を回復させます。子供にとってはそれが睡眠だからです。

OCO注文