成長にの子供に大切なおやつ

おやつというとチョコレートやスナック菓子を連想してしまう親御さんも多いのではないでしょうか?子供は体の大きさの割にエネルギー消費量が大きく、うっかりすると、体や脳がエネルギー不足になってしまいます。一日中元気に活動していくために、朝昼晩の食事を補助する「おやつ」も考えていきましょう。

おやつ目的はエネルギー補給

おやつは、幼児期には「4回目の食事」といいます。体が小さい割に多くのエネルギーを必要とするのに、消化・吸収能力が未熟なため、3回の食事では十分に栄養を補給できないためです。

したがって、エネルギーを中心にビタミンやミネラルの一日の必要量の10%~20%をおやつで補う必要があります。チョコレートやスナック菓子ではエネルギーの補給は出来ませんので、消化吸収の良い果物をおすすめします。

果物にはビタミンCや有機酸、食物繊維も豊富に含まれています。バナナ・リンゴ・キウイフルーツなどはスーパーでも手軽に手に入りますので、毎日買い足しておくことも食生活の改善となります。

おやつの役割はあくまでも夕食までのつなぎです。スナック菓子やケーキなどはカロリーが大きいだけで、ビタミンやミネラルはほとんど含まれていません。逆に、脂質や糖分が多く、食べ過ぎると夕食の時に食欲がなくなるということに繋がってきますので与えるおやつには注意が必要です。

身長を伸ばすには「おやつ」の考え方は、子供の偏食を招かないためにも重要ですのでご理解願います。



 

成長応援サプリメントの上手な選び方

成長応援サプリメントを飲んだり、食べたりして子供の体が丈夫になり身長が飛躍的に伸びたというような雑誌やネットでも話題の商品が沢山あります。

カルシウム・アルギニン・ビタミンB2と積極的に摂取出来る商品の中には栄養が偏っていてそれだけでは足りない成分や他に欠かせない要素があることをご存じでしょうか?子供の成長は成長応援サプリメントだけでは身長を伸ばしたり筋肉を付けたりすることは非常に難しいのです。

人間の体に必要な栄養は約40種もあり、すべてが大切ですが、その中でも子供の体と心を健全に成長させ強い子供にするために必要な基本栄養を補給した上で成長応援サプリメントを補ったとすれば子供の体は効率的に成長します。

成長応援サプリメントの中でも特に人気なのがおやつがわりに食べられるサプリメントと牛乳などの飲み物に混ぜで補給するドリンクタイプですが、間違った認識で選んでしまうと成長を促進させるどころか、かえって逆効果になってしまいます。

このサイトでは、成長応援サプリメントに関する基礎知識から、正しい成長応援サプリメント選び方などを解説して参りますので、是非参考にしてください。

 

身長と睡眠の関係とは?

身長と睡眠の関係は良好でなければなりません。私が成長期に実践した睡眠は平均10時間は寝てました。寝過ぎという意見もあると思いますが、当時はとても眠かったというより疲れきって寝てしまう程野球に熱中していました。

実際この現象は幼児を見ればわかると思います。さっきまで元気で遊んでいたと思ったらスイッチが切れたように座ったままで眠りについているお子さんっているじゃないですか?ほんと全力で遊んでそのままバタンキューと眠ってしまう姿は大人には不思議に思われます。しかし、幼児は本当に体が素直に反応しているので、眠いと思ったらそのまま体が眠りに就いてしまいます。

なぜ睡眠が成長を促進してくれるのか?

睡眠時に分泌される成長ホルモンは、子供の身長の成長に欠かせないだけでなく大人にも大切な物質です。主な役割としては古くなった細胞を新しいものに作り替えてくれて、健康な体を維持してくれます。

通常屋外で強い紫外線を浴びると肌の細胞は壊れてしまうが人間の肌がそれでもぼろぼろにならないのは、寝ている間に壊れてしまった細胞を新しいものに作りかえることが出来るからです。日々人間が健康的なカラダを維持していられるのはこの成長ホルモンの分泌があってこそなのです。

成長ホルモンの分泌は眠り始めが大切!

成長ホルモンは睡眠を初めて3時間で大量に分泌されます。それ以降の時間帯には出なくなるという特徴を持ちます。眠り始めはノンレム睡眠を行う時間帯というだけでなく、成長ホルモンにとっても重要な時間帯です。なので、眠り始めにいかに快適な睡眠をとれるかということが成長ホルモン分泌に欠かせない要素です。

睡眠時間は3時間で十分というのは嘘です!

有名な話でナポレオンは3時間の睡眠で執務や勉強をしていたという史実が残っています。ちまたでも良質な睡眠をとれば3時間の睡眠で十分という風説もあります。

1965年に行われたアメリカ空軍の支援を受けての実験では、軍事関係者にとって過酷な任務を全うし体力を蓄えるためには最低何時間眠れば良いのか、という命に係わる重要事項を調査し「3時間睡眠を8日間続けたらどうなるか」というデータを収集しました。

結果はレム睡眠の明らかな不足と、ノンレム睡眠の多少の不足というものでした。さらに、3時間睡眠を続けた状態では、視覚関連の仕事でのミスがかなり増えることもわかりました。現代社会ではパソコンや車の運転などの仕事が多いだけに危険と言えます。まして、子供の成長期に睡眠時間を削るという行為は成長ホルモンの分泌を妨げる行為ですので良質な睡眠を心がけたいものです。

実際、睡眠の質と言っても子供に実践させるのは難しいことでなので、質も大切なのですが量を与えれば質が伴ってきますので出来るだけ眠る時間を親が促すというこは大切な親としての務めです!

成長期の見極めとは?

大人になってコンプレックスを感じている「第1位身長」ヤフーニュースで見た時こんなにも悩んでいる方がいるのだと思い真剣に身長の悩みを抱えている方々のためにというよりは、これからコンプレックスを感じるかもしれない子供たちの未来の為に真剣に身長を伸ばす方法を調査しました。

男性は女性との身長の比較をコンプレックスで感じている方も多くいます。最近の女性は身長も高く、女性と一緒に歩いているときのバランスや具体的に身長を何センチ伸ばしたいという知恵袋への投稿もある程です。

まず、調査として大人になってから身長は伸びるのか?という議題は置いておいて、子供の身長を伸ばすにはどのようにしたら良いのか?何を重点において努力すれば良いのか?それとも努力しても遺伝的なもので全く関係の無いものであるのか?情報提供して参ります。

身長を応援する5大要素

子供が身長を伸ばしたい、目的はそれぞれだと思います。アスリートを目指しているお子様・格闘家を目指しているお子様・モデルを目指しているお子様・とにかく親御様が小さくてコンプレックスを持たれているので子供には不憫な思いをさせたくないとお考えの親御様と身長に関するコンプレックスやアスリートでは身長が低くて不利な点も含めて多くの方が大人になってからこの記事を読んで実践して良かったと思って頂けるよう全力で調べて参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

書籍も沢山購入しました。ネット上の情報も隈なく拾って参りました。しかし、明確な答えが得られず研究を重ねるほど嘘になってしまうのではないだろうか?確かな情報とは何なのか?やはり自分自身の体験ではないだろうか?という原点に辿り着きました。

成長期の子供に欠かせない要素は6つあります。1つ目は良質な栄養・2つ目は良質な睡眠・3つ目は成長ホルモンの活性・4つ目は良質な生活リズム・5つ目は適度な運動 でも、一番大事なことがあります。それは、その子の成長期を見極めることです。

男子の身長の伸び方

 こちらのグラフは平成26年度の学校保健統計の男子の身長の平均値です。男子の成長期のピークは11歳から13歳で年平均で6.93cmです。

女子はというと・・・

女子の身長の伸び方

 9歳から11歳がピークでこの時期の平均値は6.46cmとなっております。この統計は平均値ですが、子供の身長が伸びる時期の見極めとして参考になる統計です。というのもこの成長期の時期にどのように過ごしたかによって身長が伸びるのか?伸びにくいのか?ということが関わってきますので、身長を伸ばすには成長期の見極めをすることが非常に大切です。

 当サイト管理人が身長を伸ばした方法とは?

 私は小学校6年生の時から野球を始めて真剣に取り組んでいました。しかし、身長は155cmと小学校6年生としては平均値より少し高いくらいでした。父親は170cm・母親は156cmと決して大柄な家系ではありませんでした。野球選手は大柄な選手の方が有利なのは一目瞭然なので、身長を伸ばしたいと母親に相談しました。

 母親は、「牛乳」と「煮干し」を中心にカルシウムを摂取するようにと教えてもらいました。その頃から毎日牛乳2リットルとおやつに煮干しを食べていました。ほんと毎日ですよ!

 そして、中学校1年生から2年生(13歳~14歳)にかけて16cmも身長が伸びました!しかし、副作用として成長痛(関節痛)が半端じゃない程痛かったのを思い出します。

 私を見ていた弟も身長を伸ばしたいと感じるようになり、同じような努力の結果、中学校3年生から高校1年生(15歳~16歳)にかけて身長が急激に伸びました。私は182cm、弟は176cmとなり高身長を手に入れました。

 個人差はあると思います。しかし、身長を伸ばす方法として「成長期の見極め」これは大切であると今でも鮮明に覚えています。

OCO注文